合掌

墓地を持たないというこれからの選択

手入れされた墓

昨今では少子高齢化が進み墓の後継者の問題を抱えていたり、お墓が遠方にあり行くことが出来ないと悩む高齢者の方も多く、墓地や墓石の処分を検討している人方や、実際に墓じまいされる方も少なくありません。また、故郷から現在の住まいの近くへお墓の引越しをする改葬をされる方も増えています。墓じまいは専門業者に相談依頼し、埋葬している市区町村の役所で手続きを行い、改葬許可証の交付を受ける必要があります。元の墓所を更地にして終わりではなく、遺骨の納め先を探さなくてはなくてはなりません。供養の方法には永代供養、手元供養、散骨、などさまざまな供養方法があります。墓石の撤去、墓所を更地にする費用だけでも1㎡あたり10万円~15万円ほどかかり、新規墓所の費用に関しては、永代供養墓、墓地、納骨堂の費用として数万円~数百万円まで価格に大きな開きがあります。墓の維持に困り墓じまいを行う方の場合は、管理費のかからない永代供養墓に納められるという選択をされるが多いようです。また、近年では葬儀業界にもさまざまなIT化の流れが押し寄せていて、デジタル供養というものも数多く出てきています。これまでの墓地というスタイルは時代の流れの中でこれからも多種多様に変わっていくのでしょう、しかし故人の冥福を祈り、思い寄り添う心は、今も昔も変わることのないものであることに違いありません。

おすすめ記事

最適な墓地選びなら有益なアドバイスがもらえる専門業者に相談しよう

青空と墓地

より良い墓地選びは、誰にとっても悩む要素の多い大きな買い物と言えます。しかし様々な形態の墓地知識があり、それぞれの特性を踏まえた適切なアドバイスをくれる専門業者に相談すると、最善の選択が可能になります。専門業者にはネットや電話からも相談や見積もりができ、…

もっと読む

納得のいく墓地を選ぶために必要なこと

タワマンと墓

近年、先祖代々のお墓を墓じまいをしたり、海に散骨するといった形式を選択する人も増えています。昔ながらの先祖代々の墓に入り、子孫が供養するという形式が崩れてきたため、墓地の選択の基準も変化しています。墓地を選択するには、墓地にどのような種類があるか、今後必…

もっと読む

墓地を建てるときの流れと相談先

仏花

日本人には先祖を大切にする習慣があり、墓地を建てるときには気を遣います。何から始めていいか分からないこともあるので、お墓を建てる手順を紹介していきます。まずは、お墓の場所やイメージを決めることが大切です。それぞれに価値観があるので、親族と相談する…

もっと読む

墓地を持たないというこれからの選択

手入れされた墓

昨今では少子高齢化が進み墓の後継者の問題を抱えていたり、お墓が遠方にあり行くことが出来ないと悩む高齢者の方も多く、墓地や墓石の処分を検討している人方や、実際に墓じまいされる方も少なくありません。また、故郷から現在の住まいの近くへお墓の引越しをする改葬をさ…

もっと読む